沖縄観光スポット情報

お店詳細

塩川(スガー)

塩川(スガー)

沖縄には、年間通してたくさんの観光客の方たちが訪れ、色々な観光スポットへ足を運んでいます。

子供から大人まで楽しめるような、テーマパークや美しい海、体験スポットなど様々なジャンルの観光スポットがある中で、今回は、川として唯一“国の天然記念物指定”を受けている「塩川」(スガー)というスポットを紹介したいと思います。

人気の高い観光地である「美ら海水族館」へ向かう国道449号沿いにあるので、ついでに寄ってみるのもアリですよ~。「塩川」という名前の通り、全長わずか300m程の川には、海水が混じった塩水が流れているんです。

川といえば、透き通った綺麗な真水が流れているというのが普通ですよね!このような塩水の川というのは世界的にも珍しく、他では西インド諸島のプエルトリコのみ!この情報を聞いたからには、世界に二つしかない川を、せっかく沖縄へ行ったのに見ないわけにはいかないでしょ^^♪

しかし、本当に小さな川。通り過ぎてしまう可能性がありますのでご注意を・・・!これまで何回も沖縄旅行に訪れている人でも、きっとこのスポットは「行ったことないし、知らない」という方がほとんどなのではないでしょうか。まさに、隠れ家的注目スポットと言えます。

塩川の中をよく覗いてみると、魚の姿が・・・!更に、川なはずなのに海の“藻類”も生息していて、日本ではここでしか確認されていないとされる紅藻種の「シオカワモッカ」などの貴重な生物も!

短い小さな川の中にも、色々な生物たちが生息しているので、じーっと観察してみてくださいね^^

この塩川は、石灰岩の割れ目から湧出しています。疑問なところは、何故塩っ気の入った水が湧き出ているのか・・・!?
実際に、水を舐めてみると確かにしょっぱいのですが、海水程ではありません。この疑問は、今だ解明されていないのですが、
潮位と水位が比例していたり、湧水量と塩分濃度が反比例していたり、岩塩による塩分ではないということは判明しています。
きっと、子供達も、海の水はしょっぱいと認識しているものの「なんで川なのにしょっぱいの~?」と頭をかしげてしまうでしょう。
ハッキリと解明されていない方が、謎があって観光地としては良いかもしれませんけどね^^♪

一日中遊べる観光地ではありませんが、不思議な川「塩川」へ足を運んでみるべき♪更に近くには、観光地化されていない天然ビーチ「塩川ビーチ」があり、地元の人たちから人気を集めています。

ついでに、ふと立ち寄る大注目な自然スポット「塩川」覚えておいてくださいね^^

ジャンル 体験施設
住所 〒905-0225 沖縄県本部町崎本部塩川原
アクセス 沖縄自動車道 : 許田ICから車(一般道)で約40分

路線バス : 塩川バス停から徒歩で約10分
停車バス : 65番本部半島線(本部廻り)(沖・琉)巡回/66番本部半島線(今帰仁廻り)(沖・琉)巡回/70番備瀬線(沖・琉)
アクセスマップ

大きな地図で見る

エリア検索

コメント

コメント
沖縄への旅行はジェイトリップツアー

沖縄地方の今日の天気