オリジナルシーサーグッズのお店「シーサーマンション」

沖縄観光スポット情報

お店詳細

シーサーマンション

シーサーマンション

museum shop シーサーマンションでは、漆喰シーサーアーティストである
宮城光男さんの生み出す漆喰シーサーや数多くのオリジナルのシーサーグッズを
制作し販売しています。
シーサーマンションでは、とても表情豊かでとても個性的なシーサーから大きいものから小さな小さな豆シーサー達が勢揃いしています。他にはシーサーを自分の手で生みだしたい方にオススメは「漆喰シーサー職人キットできる!」で自分だけのオリジナルシーサーを手にいてることができます。
シーサーアクセサリーやシーサーマンション限定品のポップでかわいいくてオシャレなオリジナルシーサータンブラー・Tシャツや手ぬぐいなど見ごたえあります、どこを見てもシーサーグッズで埋め尽くされていて沖縄旅行の思い出作りや、お土産選びに足を運んでみてはいかがでしょうか?
沖縄の伝説の獣シーサーに少しだけ詳しくなって頂くために・・・
沖縄のシーサーは一般的に守護神としてまた福を呼ぶ縁起物として昔から沖縄では親しまれていて、沖縄の守神などと言われている獅子(ライオン)の事です。


いまでは“魔除け”としてまた、可愛い“置物”としても人気があり、色々なシーサーがいます。現代では「家」を魔物(マジムン)から守るために置かれ家の守り神、の意味合いが強いようです。
シーサーは魔物 (マジムン)を除けるのではなく浄化する力があるともいわれているようです。
沖縄で一番最初のシーサーとされる沖縄本島東風平町(おきなわほんとう こちんだちょう)にあるシーサーは、「村」を護るためのものなのだそうです。
昔は、やたらと火事がおこるために、火災防止の目的で置かれたのではないかとのこと。
その経緯は中国から伝わり、風水と深く関係があったようです。
現代では各家の建物の門や屋根に登って、それぞれの家々を守っていているようです。雄と雌になっていてそれぞれの役割があるそうです。


右側に置き福を招き入れるための口の開いたシーサーが雄で、災いを家に入れないとされているシーサーが雌で左側に置くのだそうです。ポーズも基本2つあるようなので
観光の際にはじっくり観察してみるのも楽しいですよね
他にも色々な説があるようなので、シーサーの由来を調べるのも沖縄旅行のプランの一つに入れてみてはいかがでしょうか?

ジャンル ショッピング
営業時間 10:00~22:00
定休日 ナシ
住所 沖縄県那覇市牧志2-1-3
詳細URL(公式サイト等) http://homepage2.nifty.com/mitsuo-m/
アクセスマップ

大きな地図で見る

エリア検索

コメント

コメント
沖縄への旅行はジェイトリップツアー

沖縄地方の今日の天気